前へ
次へ

英語学習でのALTの役割が変わります

これまで、小学校での外国語活動でALTは、主となって授業を担当し、大いに担任を助けていました。
小学校の教師は、英語教育の指導ができるような免許を持っているわけではありません。
多くの教科にさらに英語の指導が加わっています。
いまや3年生以上の担任であれば全員が指導しなければなりません。
少し前でしたら、指名や流れ、つなぎ役として担任が加わり、ALTが具体的に指導していました。
しかし、今は立ち位置を逆にしなければなりません。
主になって英語学習を進めるのは、あくまで担任の先生でALTは、まさに外国語指導助手です。
しかし、担任もこの発想に慣れていない上にALTも一人前の教師としての誇りからか、この位置に納得せずやめる人も出てくる状態です。
働き方改革が叫ばれている中、多忙を極めている先生方にまた新しい教科を指導せよとはきつい命令です。
文科省が予算を通した加配の追加教員は全国で1000人です。
少なすぎて地方にはあたっていません。
専科としてこの英語科を考え、片手間ではなくきちんとした英語学習指導を子ども達に提供することが国際コミュニケーション力の向上につながると考えます。

Page Top